焼肉 福井 和牛炭火焼 高級 焼肉店

HOME

ご挨拶

最上級A5和牛とは

牛の部位の説明

店舗紹介

地図

焼肉お品書き

お飲み物

ご宴会・コース

クーポン
店主ブログ
リンク集
サイトマップ


福井市順化1丁目22-11
笠松ビル1F
電話:0776-26-3883

営業時間
18:00から24:00
ラストオーダー23:30
定休日
毎週日曜日

スタッフ募集中


info@yakiniku-hibachi.jp

2011年10月6日 更新

牛の部位の説明

知っているようで知らなかった牛の部位について。
番号をクリックすると説明が表示されます。

牛の部位

番号 牛の部位 肉の部位の説明
ネック 首にある肉です。筋が多く硬い部位です。しかし、肉の味は濃厚で肉じゃがなど煮込み料理やスープに使えます。
2 肩ロース 肩から背中にかけての長いロース肉で、肩に位置するロースです。もちろんきめは細かく、風味が良く やわらかいのが特長です。リブロースより赤身が多く赤身も霜降りです。しゃぶしゃぶ、すきやきに適しています。
3 リブロース お肉本来の旨み、わらかさ、見事なまでの霜降りと脂の甘味、どれをとってもNQ1です。これこそ「旨さがつまった」牛肉の極みといえます。しゃぶしゃぶ、すきやきに適しています。
4 サーロインロース ステーキ用としてお馴染みの部位です。肉質は最高です。やわらかく霜降りが多いのが特長です。ステーキはもちろん、しゃぶしゃぶ、すきやき、ローストビーフに適しています。
5 ランプ ラムイチとも言います。その名の通りランプとイチボに分かれます。サーロインに続く、腰からお尻にかけての大きな赤身で、モモ肉の中で特に柔らかい旨みのある一番やわらかい部位です。赤身の中にも適度な霜降りがあり、いろいろな料理とあいます。 赤身のしゃぶしゃぶ、すきやき、また、イチボのステーキ、ローストビーフにも適しています。
6 ヒレ 非常に柔らかく脂肪が少ないのが特長です。ヘレ肉も少ししかとれません。サーロイン、ロースと並ぶ高級部位です。ステーキ、ローストビーフに適します。焼きすぎないのがおいしく食べるコツです。
7 三角バラ(カルピ) 前バラの中に含まれる部位で、第1〜6ロッ骨の部分を三角形に切った形を表わしています。バラの王様といえる肉です。サシが入りやすく上〜特上カルビとして使用しています。 いちばん旨い部分で焼肉店では一番注文が多いです。
8 中バラ あばら骨についた肉です。
腹の上側を「中バラ」、赤身と脂肪が薄い層となって交互に重なっているのが特長で、三枚肉とも呼ばれています。カレー・シチューなどの煮込み料理、炒め物に適しています。また、モモの付け根側をカイノミと呼び極上の焼肉用です。
9 マル シンタマとも呼びます。そのまま丸ごとスライスすれば、しゃぶしゃぶ、すきやき、もちろん赤身です。分割にして、焼肉、ソテー、カレー・シチュー用にできます。
10 前バラ (ブリスケ)(肩バラ)とも呼びます。前股の内側、胸にあたるところです。肉質はやや硬め、薄くスライスして焼肉用にします。また、大き目のサイコロにカットして煮込み用に使用します。
11 友バラ あばら骨についた肉です。
腹の下側を「友バラ」と言います。中バラより赤身が多いので、焼肉用に適します。脂のうまさとコクを、しっかりご堪能いただけます。また、モモの付け根側は笹肉と言い、上肉の焼肉用になります。
12
13
スネ 前足と後ろ足に在るスネです。筋が多く硬いのですが肉の味は濃厚でおいしいです。スネ肉で作るひき肉(ミンチ)は最高級です。煮込み料理やスープにも使へます。

※上記の料理方法は一般的のものです。

福井の焼肉ひばち/TOP

Copyright 2009 (C)福井市・片町/最高級国産和牛・焼肉店・焼肉ひばち ALL Rights Reserved